赤ちゃんがミルクを吐く!恐ろしい病気の可能性はあるの?

子育て中のママさんの悩みで多いのが、

「ミルクを飲んだ後に、赤ちゃんがミルクを吐いてしまう」

ではないでしょうか?


この記事に辿りついたという事は、あなたも同じような悩みがあるのでは^^

初めての育児ならば、ちょっとした事でも気にりますが、
赤ちゃんがミルクを吐く姿をみると、

「何かの病気なのかしら?」

「ミルクが合わないのかしら?」

などと不安になりますよね(;´д`)


病院を受診したり、ミルク育児に自信をなくすかも知れませんが、
実は、ほとんどの場合、あまり心配はいりません!

ただ、中には病気の可能性もありますので、
今回は、注意するべきミルクの吐き方の見分け方をご紹介します。

まずは、赤ちゃんがミルクを吐く理由から見ていきましょう!


スポンサーリンク


赤ちゃんがミルクを吐くのは何故?

赤ちゃんがミルクを吐く理由は、月齢や体調によって様々ですが、

  • ゲップが上手くできていない
  • ミルクの飲ませすぎによるもの



が、ほとんどです。


ゲップが上手く出来ていない理由としては、
ミルクを飲ませた時に、ミルクと一緒に大量の空気も飲み込んでしまっていて、
一回のゲップでは、全部の空気を出しきれずいます。

その残った空気を外に出そうとして、ミルクも一緒に吐いてしまうのです。

また、生後4カ月ぐらいまでの赤ちゃんは、満腹中枢が未発達のため、
自分で満腹感がわからず、与えられた分だけ飲んでしまいます。

そのために、ミルクを飲みすぎてしまい、結果吐き出してしまうのです(ーー;)

普段から、適切なミルクの量を観察して、
吐き出すまで、飲まさないようにしてくださいね!


と、この2つが原因でミルクを吐いているのなら、
特に心配や不安はいりません



しかし、心配になるのは、これ以外の理由の時です。

その他の理由としては、病気になっている場合が考えられます。

今回は、緊急性がある場合について、ご紹介します。


スポンサーリンク


緊急性がある吐き方の見分け方!

赤ちゃんがミルクを吐き方によって、
病気かそうでないかの見分け方を知っておくと、緊急時にとても役立ちます。

この章ではその見分け方と注意点を説明しますね!

緊急性のない吐き方

  • 吐いた後も機嫌がいい
  • 1日に吐く回数が数回程度
  • お腹が張っていない
  • 吐いたものがミルクでミルク色



これらの場合ですと、あまり心配はいりません。
ゲップが足りてないか、ミルクの飲み過ぎだと思われます。


安心する母親


注意して欲しいの、こんな吐き方をした時です。
※2つの病気名が出てますが、病気についての詳しい説明は後半にします。

病気の可能性がある吐き方

    胃軸捻転症と疑われる吐き方

  • 1日に頻回ミルクを吐く
  • ゲップが出来ない
  • 1日に頻回にオナラをする
  • お腹が張っている
  • 寝かすといつも不機嫌になる


  • 肥厚性幽門狭窄症と疑われる吐き方

  • ミルクを飲んでもすぐ吐くの繰り返し
  • 噴水状にミルクを吐く
  • 吐いたミルクの色がピンク色



と、明らかに心配が無い時は吐き方が違います。

では、ここで出てきた、胃軸捻転症と肥厚性幽門狭窄症とは、
一体どんな病気なのでしょうか?


胃軸捻転症と肥厚性幽門狭窄症とは、どんな病気?

それでは見てみましょう!

胃軸捻転症(いじくねんてんしょう)とは?

生まれたばかりの赤ちゃんの胃は、固定しきれていないために、
捻れやすい状態にあります。

そのために、胃がねじれて向きが変わり、食道を圧迫していまいます。

食道を圧迫されると、授乳の時に飲み込んだ空気をゲップとして出す事ができずに、
空気が腸に移動して、お腹が張ってしまうのです。

赤ちゃんはお腹の張りを解消するために、腸にたまった空気を出そうとして、
ミルクを吐き出してしまうのです。

胃軸捻転症だった場合の対処法

  1. ゲップがでるように試みる
  2. 1回のミルクの量を減らし、回数を増やす
  3. 浣腸でガスを出す



胃軸捻転症は、2~3ヶ月で自然治癒することが多いですので、
基本的に体重が増えていれば、そんなに問題ありません。

ただし、自己診断だけに頼らずに、病院の先生の指示に従ってください。


ミルクを飲む赤ちゃん

肥厚性幽門狭窄症(ひこうせい ゆうもんきょうさくしょう)とは?

生後2週間~2ヶ月程度の赤ちゃんに起こる病気で、
胃の筋肉が分厚くなり、胃の中の内容物が十二指腸へと流れなくなってしまう病気です。

そのため、胃にたまったミルクを吐き出してしまうようになります。

放っておくと、体重が増えずに症状が悪化して、
手術の必要がある場合も・・・・。

緊急性の高い病気なので、早めに病院で受診してください。

肥厚性幽門狭窄症だった場合の対処法

  • すぐに病院で受診しましょう


まとめ

いかがでしたか。

育児に慣れるまでは、ミルクを吐くだけでも、
あれこれと心配になりますね。

他の事でもそうですが、たいした事がない場合がほとんどです^^

ただし、普段と様子が違う場合は、自己診断に頼ることなく、
すぐにお医者さんに相談しましょう!

「たいした事ないですね!」と、少し呆れられても、
親としては、安心できますからね^^

子育て頑張ってくださいね^^


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ