子供の虫刺され対策!刺されない為の4つの予防法とは?

『ママ~!なんだか目が見えにくいんだけど・・・。』

と、寄ってきた子供の顔を見ると、
まぶたが 赤く腫れていて、目は見えているの!?
って驚いた事はありませんか?


実は、これ私の経験談で、朝起きたら、
子供のまぶたが大きく腫れて、ビックリしました((((;゚Д゚))))


『何事が起こったの?』

『目に異常でも起こったのかしら?』


目に異常がないことを祈りつつ、
慌てて、眼科に行きました!

診察し、先生が言った言葉は・・・

『虫刺され』Σ(゚д゚lll)



えっ??
虫刺されで、こんなに腫れるものなのか・・・

例えて言うなら、お岩さんのような 
まぶたになっていたので。


もう二度と、あんな思いはしたくありません!


そこで子供が虫刺されで腫れた時の対処方法と、
刺されない為の対策
をまとめました!

意外に知らないですが、刺される虫によって、
症状が変わります。

まずは、虫の種類と症状から見ていきましょう!


スポンサーリンク


刺される虫の種類と症状とは?

『虫刺され』と言って、最初に思いつくのは、蚊やダニ
しかし、刺す虫は、まだまだいますよ~!

虫の種類を、刺された時の症状別にみていきましょう!

かゆみ

  • イエダニ
  • ノミ
  • 毛虫・毒蛾
  • シラミ

痛がゆい

  • ブト(ブヨ)
  • アブ
  • マダニ

痛い

  • ハチ
  • アリ
  • ムカデ
  • ハネカクシ
  • カミキリモドキ


知らないだけで、こんなにも、
刺したり噛んだりする虫はいたんですね


また、最近、マダニに刺されて亡くなったとか、
蚊が媒介したデング熱のニュースをよく耳にします。

虫刺されも、甘くみてはいけないですね!


スポンサーリンク


虫刺されはなぜ腫れるの?

虫刺されによる腫れの多くは、
アレルギー症状や、虫の毒によるものです!

以前、皮膚科の先生に聞いたのですが、
子供は虫に刺されていることに慣れていないので、
大人より症状が強くでることが多いらしいです。


虫刺された子供


ちょっとした虫刺されだと、
市販薬で治ってしまうことが多いですが、
市販薬が効かない時は、すぐに皮膚科にいきましょう。


ちなみに、私は、今までに
蚊・ダニ・毛虫・アブ・アリ・ムカデに刺されてます(;´д`)

自分の時は、いつの間にか、痒みや痛みが治まってきて、
病院には行かずにいました。

しかし、自分の子供がいつまでも「痒い・痛い」と言っていたら 
親としては、心配になります。


実は、薬が効かない場合は、
アレルギー症状が強く出ている事が多いです!


その場合は、自己判断しないで、
病院で専門医に見てもらいましょう。

症状にもよりますが、たいていは塗り薬で治りますが、
ひどい場合は飲み薬も併用して治す場合もあります。


また、虫刺されって、どうしても痒くて、
掻いてしまうことが多いですよね

特に子供は、無意識にボリボリと掻いて、血を流しているなんてことも!!

ここで注意!

あまり掻きすぎると、
搔いたところから、細菌が入り『とびひ』になります。

私の子供も とびひになりました。
水疱ができ、その水疱が、どんどん大きくなってくるのです。

とびひになると、なかなか完治しなくて大変でした(;_;)


とびひの原因は、虫刺されによる掻き傷ということが多いようなので、
子供が掻きすぎる前に、病院に行くなどの対処をしましょう!




虫に刺されないようにするための対策とは?

ご紹介した通り、ただの虫刺されと思っていても、
大変なことになる可能性もあるんですね。


そこで、虫刺されを少なくする対策を紹介します!


家の周りの水が溜まりやすい場所をなくす

蚊は、水溜りに卵を産み、孵化します。

その為、卵を産む場所がないと、
繁殖できません。

家の周りの水溜りを減らすだけでも、
蚊の減少に役に立ちますよ~!


家の周りに水が入った空き缶や、
忘れさられた水槽などを、放置してないですか?


肌の露出を控える

野外で活動する時、長袖、長ズボンを着用してください。

特に、草や木など自然が多い、
公園や森などに出かける時は、必須です!


しかし、夏など、暑い日は、長袖、長ズボンだと、
大変ですよね?

噂によると、白い色の服は、虫除けに効果があると、
言われてますが、真相は定かではありません。。。
(効果があった方は教えてください^^)


虫よけを使う

芳香剤・蚊取り線香・スプレー・ティッシュなどを使用してください。

私の友達は、子供に配慮して、安全・安心なので、
自分でアロマオイルを調合して、虫除けを作っています。


虫除けの蚊取り線香

部屋の換気・清掃をする

室内に生息する虫(ダニ・ノミなど)は、
湿気のあるところを好むのでしっかり換気をしましょう!

また、アリ・ハネカクシなどは、生ごみを求めてやってくるので、
清潔にするよう掃除をしっかりするのは、効果的ですよ!

これらのちょっとした工夫で、
虫の発生を抑制し、結果、虫刺されの予防につながります。

予防して、虫に刺される機会を減らし、
刺されたら、適切な対処方法で、子供を虫から守ってくださいね^^


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ