首が心配・・・新生児の抱っこひものおすすめの選び方!

子育てに欠かせないアイテムの定番となった、「抱っこひも

お店には、あらゆるメーカーからさまざまな種類がならんでいます。


「赤ちゃんが軽いうちは、手でだっこすればいいよね?」

「だっこひもは、首座り後から使えるタイプを買えば充分!」

・・・と思っているあなた!! ・・・・・・それは甘い!!ヽ(*`皿´*)ノ


生まれたての赤ちゃんは、重量こそ軽いですが、
ふにゃふにゃしていて扱いにくく、自分から掴まってもくれません。

そして何より、お母さん自身が、まだ赤ちゃんの扱いに不慣れで、
抱っこするだけでも、想像以上に疲れます!!

新生児用抱っこひも、・・・必要かも!(゚д゚)と思い始めたあなたに、
種類ごとの特徴や、おすすめの抱っこひもと選び方のコツ
をご紹介します^^



スポンサーリンク


もはや子育て必需品!抱っこひもには3種類ある!

まず、新生児から使える抱っこひもには、大きく分けて3種類あります。

抱っこひもの種類!

  1. 横抱きできるだっこひも
  2. ベルトを付け替えたりすることで、
    縦抱きの他に「横抱き」も可能な抱っこひも。

    首が座らない赤ちゃんに、手で抱っこするのと同じような抱き方で使えます。

    コランビギ、ニンナナンナなどが当てはまります。

  3. インサートを付けて、縦抱きできるだっこひも
  4. 首座り後からしか使えない抱っこひもに、
    専用インサートを付けることで首が支えられ、
    新生児から縦抱きで使うことができるタイプ。

    作りががっちりしているため、インサートを外せば、
    赤ちゃんが重くなっても使い続けられます。

    アップリカのコランや、エルゴベビーが当てはまります。

  5. インサートなしで使える、縦抱きできるだっこひも
  6. インサートなどを付けず、新生児を縦抱きできるタイプ。

    シンプルな作りで脱着しやすく、新米ママでも扱いやすいのが特徴ですが、
    その分、赤ちゃんが重くなってくると、腰や肩への負担が大きくなります。

    ベビービョルンが当てはまります。

※インサートとは、新生児パッドのことです。

これを見ると、赤ちゃんが大きくなっても使い続けられる、1か2がいいのでは?? 

と思いますよね。私もそう思っていました(笑)

しかし、私がおすすめしたいのは、・・・・・・

次の章では、実際に私が購入した抱っこひもについてご紹介します!^^


スポンサーリンク


おすすめは、「インサートなしで使える縦抱きだっこひも」!

私が選んだ抱っこひもは、前の章の「3」にあたる、
ベビービョルンの「ベビーキャリアオリジナル」という製品でした。

これです↓


それでは、選んだ理由をご説明しましょう!


【理由1】:新生児用抱っこひもは、「負担軽減」より、「着脱のしやすさ」で選ぶべし!

店舗で試着してみると、抱っこひもの使い方は意外と難しい!

店員さんのデモンストレーションを見ても、

「え?その動き、赤ちゃんだっこしながらできるの?」

という、達人技の域(笑)


生後しばらくは、赤ちゃんを抱っこして長時間で歩くことも少ないですし、
すぐにお母さんの肩と腰を破壊するような重さではないので、
着脱のしやすさ、で選ぶことをおすすめします!


【理由2】:「長く使える」だっこひも・・・本当に長く使うかは分からない!

「20kgまで使える」「長く使える」という触れ込みの抱っこひももあります。
 
しかし、我が家の1歳9か月の娘、現在11kgですが、
歩けるようになってからは、抱っこひも一切拒否

抱っこひもの活躍する期間は、意外と短いものです。

将来的な使いやすさや、長持ちするかどうかより、
「今現在の使いやすさ」を重視するのがおすすめです!


【理由3】:インサートあり型抱っこひもは、新生児を抱っこしていると暑い!!

これも大きな決め手でしたが、
作りのがっちりしたインサートを入れて使うタイプの抱っこひもは、
親も赤ちゃんも暑い

その点、インサートなしで使える抱っこひもは、腰への負担はかかるものの、
通気性が良く、体温の高い赤ちゃんにあせもをつくらず、抱っこができました。


首が座らない新生児の抱っこひも

このような理由から、
「インサートなしで使える、縦抱き抱っこひも」
が、我が家では大活躍でした。


まとめ

いかがでしたか?

抱っこひも選びの参考になれば幸いです。

抱っこひもと言うと、外出に必要な物というイメージが強いかもしれませんが、
あやしながら家事を進められたり、我が家では、家の中でも大活躍でした。

少しでもママの負担を軽くするアイテムを取り入れて、
大変ながらも、楽しく子育てしたいですね^^♪


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ