妊娠中こそアロマを楽しみたい!使い方と使う際の注意点!

妊娠おめでとうございます♪

出産を控えて、体と心の変化にナーバスになりやすい時期・・・
リラックス効果のあるアロマに、興味がある妊婦さんも多いのでは?


先に言っておきますが、
子供が生まれると、精神的にも時間的にも、
アロマなんてシャレオツな趣味を、楽しむ余裕はなくなります(笑)!!

そうです!だからこそ、ゆっくり自分の時間を楽しむには、
妊娠中の今がラストチャンス

  • 今まで使ったことがないから、どう使っていいか分からない・・・
  • 妊娠中は、使っちゃいけないアロマがあるって聞いたけど・・・

などと、興味はあるものの、二の足を踏んでいるあなたにおすすめしたい!
妊婦アロマ入門講座をご紹介します♪

早速見ていきましょう!


スポンサーリンク


妊娠中におすすめしたいアロマの効果いろいろ♪

アロマと言えば、いい香りをかいでリラックスする効果を、
最初に思い浮かべますが、他にもこんな効果があります。

  • ホルモンの分泌を促進する
  • 薄めたオイルを体に塗ることで、皮膚細胞を直接活性化する

精油の種類によっても、期待される効果は変わってきますが、
妊娠中にありがちなトラブルに、対応するオイルをご紹介します。

妊娠中におすすめのアロマオイル!

  • ストレス、むくみ、眠れない
  • 妊娠期によくある症状ですが、
    グレープフルーツ、オレンジなど柑橘系のオイルがおすすめ。


  • つわり
  • 人によって、つわりにも様々な種類がありますが、
    もしアロマを嗅いでも平気なようであれば、
    オレンジ、ローズウッドなどがおすすめ。



上記のアロマは、効き目が穏やかなものばかりなので、
専用のディフューザーに数滴垂らして、芳香を楽しんだり、
キャリアオイルで薄め、体に直接つけて、
リンパの流れを良くするなどマッサージに、使うことも可能。


アロマを楽しむ妊婦

また、妊娠後期~産後におすすめなオイルがこちらです↓

  • お産の進みを良くする、痛みを軽減する
  • ジャスミン、ラベンダーなどのオイルには、「通経作用」があるとされており、
    「もういつ産んでも大丈夫」という時期になってから使うのがおすすめ。



アロマと一言に言っても、
いろいろな種類と効き目があることが、お分かりいただけたでしょうか?

中でも、最後に紹介したジャスミンやラベンダーのように、
お産の進みを良くするアロマがあるとは、驚き!

もうこうなったら、全国の産婦人科で、
分娩室に焚いておいてほしいぐらいです(笑)


しかし、それは逆に言えば、妊娠初期に使ってしまうと、
流産や早産の危険につながる可能性があるということ・・・。

一般的に、アロマで使うようなごく少量では、
目立った悪影響はないとされていますが、
それでも後から知って後悔するのは、精神衛生上よくありませんよね・・・!

そこで次の章では、妊娠中に気を付けたいアロマについてご紹介します。


スポンサーリンク


念のために知っておこう!使わないほうがいいとされているアロマ!

使わないほうがいいとされているアロマには、大きく分けて3種類あります。

  1. 通経作用(月経を促す作用)、分娩促進作用があるもの
  2. 刺激が強いもの
  3. 1と2の両方にあたるもの



1の通経作用があるアロマは、出産直前・分娩時ならOK。

しかし、2の刺激が強いアロマは、その程度によって、
初期だけは避けたほうがいいもの~妊娠中を通して避けたほうがいいものまで、
様々あります。


ここでは代表的なものだけを紹介しますので、
好きな香りが判断に迷うアロマの場合は、専門店で相談してみてください^^

  1. 通経作用、分娩促進作用があるもの
  2. カモミール、ジャスミン、ラベンダー、ローズマリー

  3. 刺激が強いもの
  4. カンファー・ホワイト、フェンネル・スイート、レモングラス

  5. 1と2の両方にあたるもの
  6. シナモン、ペパーミント、タイム、セージ



アロマオイルとしてかなり普及している「ジャスミン」「ラベンダー」にも、
通経作用があるとは、知りませんでした・・・!

しかし、ラベンダーなどは、
妊娠6か月以降であれば大丈夫という文献もあります。


妊娠中のアロマオイル


いずれにしても、自分が落ち着ける香りや、
好きな香りを選ぶことが一番だと思いますので、
体と相談して、お気に入りの香りを見つけてリラックスしてください♪


まとめ

最近では、産婦人科のサービスの一環として、
分娩室に、好きなオイルを持ち込んで焚いてもらえる所も増えてきました。

出産の痛みが、香りひとつで軽減されるかどうかは個人的に疑問ですが(笑)

妊娠中のリラックスタイムに嗅いでいた香りを、分娩室で焚いてもらうことで、
リラックスする感覚を思い出せる、という効果はあると思います^^

そのためにも、
妊娠中のお気に入りアロマをひとつ見つけておき、
気分が落ち込んだ時、体調の悪い時に嗅いでみるというのがおすすめ♪


出産後は、
お気に入りアロマ探しのショッピングさえままなりませんから、
ぜひ!マタニティライフを楽しむアイテムとして、
アロマをたしなんでみてください^^


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ