子供の熱中症対策!超簡単で効果的な予防方法とは?

「 熱中症対策って何をすれば良いの?簡単に出来る予防法はないの?」
なんて、悩んでいませんか?

先日、友達とランチに出かけた時のこと。

友人のご主人が、昨年、庭の手入れをしている時に、
熱中症で倒れたそうです!

夜も寝られない程に辛がっているご主人の姿に、
友達も、とても怖かったと言ってました((( ;゚Д゚)))


実は、私も過去に熱中症で苦労したことがあり、
ツライ思いを二度としたくないので、対策や予防法を調べまくりました!

特に子供を熱中症から守るために、必死に調べましたよ^^

そこで今回は、今日から始められる熱中症対策!簡単予防法を、
同じ悩みを持つあなたにも、お届けしたいと思います(´∀`*)

では、熱中症の予防法の生活習慣編から一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


熱中症の予防は生活習慣から!

それでは、さっそくすぐに出来る予防法と、
気をつけたいポイントをご紹介していきますね!

生活習慣でできる予防法はこちら!

  • エアコンは設定温度28°~26°・湿度60%以下に
  • 吸水性・通気性に優れた素材の服装で
  • 理想の睡眠時間は6~7時間

簡単ですが、すごく効果がある方法です!

それぞれ、詳しくみていきましょう^^


スポンサーリンク


エアコンは設定温度28°~26°・湿度60%以下に

熱中症対策の強い味方が、エアコンです!

節電も大切ですが、気温が30°を超えたら、
迷わずにエアコンを使いましょう(*^_^*)

ただし、いくら暑いからといって、設定温度を24°以下にすると、
外との温度差が大きくなり、逆に、汗をかかせる自律神経の働きが弱ります

一日中、エアコンをかけっぱなしというのも、
体が汗をかきにくくなるので、熱中症の原因にあることも…。

ちなみに、同じ温度でも湿度を下げると、
かなり涼しく感じるので、冷房の前に、まずライ(除湿)!

部屋に温湿度計があれば、湿度60%をキープすると、
快適に過ごせてすごく便利ですよ(・∀・)/


吸水性・通気性に優れた素材の服装で

暑い時期には、吸水性と通気性が優れている麻や綿が、
服装の素材として、おすすめ!


黒や、濃いめの色は熱を吸収しやすいので、白っぽい服が良いですね^^
( 見た目にも涼しそうですしね(´∀`))

襟元をゆるめて通気を良くしたり、
ゆったりめのサイズを着るようにすると、更に効果的( ´∀`)bグッ!

帽子・日傘・扇子なども活用しましょう。


理想の睡眠時間は6~7時間

睡眠が不足すると、体温調節機能が低下しやすくなります。

寝苦しい夜は、エアコンや扇風機を活用してください!

寝る前に部屋の換気や除湿すると、寝やすくなりますよ(・∀・)

冷却ジェルシートやアイスノンなどもおすすめです♪


熱中症対策に睡眠


普段の生活習慣に、すこしの工夫するだけで、
効果的な熱中症対策になりますね!

では、次はカラダの中から予防しましょう!

実は、生活環境を工夫するだけは、すこし足りませんヽ(´Д`;)ノ

カラダの中から予防することで、熱中症対策としては万全になりますよ~!


カラダの中から熱中症予防とは?

生活環境を整えたら、次は、「カラダの中から! 」という事で、
熱中症予防に良い食べ物についてお話しましょう^^

カラダ編でお伝えしたいことはこちら!

  • 熱中症予防に良い食べ物
  • 効果的な水分補給の方法
  • 暑さに負けない体づくり



すべて、私も実践していてるおすすめの方法ですよ~!


熱中症の予防

熱中症予防に良い食べ物

熱中症を予防するには、
体内の水分(ミネラル)と塩分のバランスが大切になってきます。

では、どんな食べ物が良いのでしょうか?

  • 味噌汁
  • 梅干し
  • わさび
  • 牛肉レバー
  • 豆腐
  • 海藻
  • オレンジ
  • スイカ

この中でも、スイカは、水分が90%以上ミネラルも含まれていて、
少し塩を振って食べると暑い夏にはバッチリです!!

また、梅干しも朝に一粒食べるだけで良いので、続けやすいですよ!
(「 梅は その日の 難のがれ」って言いますしね!(*゚▽゚*))

他にも、トマト、キュウリは、体内から体を冷やしてくれます。

ただし、偏食や、不規則な食事では、体が気温の変化に対応しにくくなるので、
一日三食、規則正しく食べることを心がけましょう(´∀`)


効果的な水分補給の方法

人が一日に必要とする水分は、1.5ℓ ~ 2ℓとされています。

普段は、水や麦茶などで水分補給をして、
運動・汗をかいた時にはスポーツドリンクや経口補水液などを活用しましょう。


水分補給を効果的にするコツ!

  • コップ一杯ずつぐらいの量を、こまめに摂る
  • 喉が渇いたと感じなくても、1時間ごとに飲む
  • 外出・運動・入浴・睡眠の前後は飲む

ちなみに、カフェインを含むお茶やコーヒー、アルコールは、
利尿作用があるので、NGです!


暑さに負けない体づくり

熱中症は、体内に熱がこもってしまうことで引き起こされます。

そうならない為にも、普段から汗をかく習慣をつけましょう!

一日30分のウォーキングや、半身浴などは、
無理なく始めれるのでオススメですよ♪

と言いながら私の場合、ウォーキングの為にわざわざ時間を割くとなると、
なかなか 続かない…(-_-;)

というわけで、

近所への用事や買い物を、自転車から徒歩に変えて、
少し遠回りして行くようにしています。
( けっこう汗もかくし、気分転換にもなりますよ~(´∀`*))



まとめ

いかがでしたか?

「予防法 」といっても、毎日の生活に少しだけ意識して、
取り入れれば良い、簡単な方法ばかりです。

なんといっても、予防なので少しずつでも続けることが大切!

全部をする必要はありませんので、ご紹介した予防法の中から、
自分や家族にあった方法やその日の気分にあった方法を試してみてください。

“ ズボラー” の異名を持つ私でも続けられているので、
あなたなら、きっと出来るはずですッ!!(*゚▽゚*)/”

毎日の熱中症予防で家族そろって、この暑い夏を乗り切りましょう!!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ