子供の熱中症!見逃せない初期症状と覚えておきたい原因とは?

「熱中症になるのは、どんな時?」

一体子供にどんな症状が出たら、熱中症の可能性があるのでしょうか…


スポンサーリンク



5月末に行われた小学校の運動会!

その日は、朝から30度を越える季節外れの暑さで、
なんと開会式の時点で、体調不良の子供が数人出ましたΣ(゚д゚lll)

いきなり嘔吐したり、しゃがみこんで動けなくなって運ばれたり…


早く日陰に入れて、水分補給をしっかりしてほしいと願いながら、
水分を摂る事や日陰に入る事以外に、何かできることはないのだろうか

『 熱中症 』という名前はよく聞くけれど、
症状や対処法など詳しい事って、意外に知らないものです(-_-;)

まだまだ、夏の暑さはこれからなのに、
「こんなことでは、暑さから家族を守れな~い!」
という事で、徹底的に調べつくしました!

そこで今回は、大人よりもかかりやすいという、
子供の熱中症で覚えておきたい!原因と初期症状!!についてご紹介します!

( 決して、パパはどうでも良いって訳じゃありませんよ…( ̄∀ ̄))

  1. 子供が熱中症になる原因とは?
  2. 子供の熱中症を見抜くための初期症状とは?
  3. もし子供が熱中症になった時の処法とは?



この3つのテーマに分けて、順番にお話しますね^^

まずは、原因について一緒に見てみましょう!


スポンサーリンク


子供が熱中症になる原因とは?

まずは、「 熱中症とは、何ぞや」って事で、簡単に説明すると…

気温が高い時に、体内の水分とミネラル( 特に塩分)が汗などで失われる事で、
体温調節の機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもってしまう事で起こるもの。

特に、子供の場合は、体温調節の機能が未発達な上に発汗機能も未熟なために、
より熱中症になりやすいのです(;゚Д゚)!



では、どんな時、どんな場所で熱中症になりやすいのでしょう?



どんな時に熱中症になりやすいの?

  • 気温30度以上、湿度60%以上の時!
  • 湿度が高くなると、汗が蒸発しにくくなるので、
    熱が体内にこもり、熱中症になりやすいです。

  • 急激な温度差がある時!
  • 前日との気温差が激しい時や、涼しい室内から、
    急に暑い屋外に出るときは、気を付けましょう。

  • 屋外での長時間にわたる運動時!
  • 登山や野球、マラソンの様に、屋外での長時間にわたる運動は、
    大量の汗をかき、体内の水分と塩分が不足してしまいます。

    そして、気温が35°を超えるような猛暑日には、
    短時間でも、屋外での運動は控えましょう。

  • 発症しやすい期間は、梅雨入り前ぐらいから8月上旬
  • 湿気の多い梅雨の時期は、前日との気温差が激しい事が多い。

    梅雨の時期は、まだ暑さにも慣れていない為、
    油断しないようにしましょう。



どんな場所が熱中症になりやすいの?

  • 直射日光や照り返しが強い場所!
  • 子供は身長が低いため、地表面からの熱の影響を受けやすいので注意が必要です。
    ※なんと子供の身長では、大人よりも体感温度が3℃も高い(゚д゚)!

  • 風が弱い場所!
  • 屋外、屋内を問わず、風が弱い場所は、熱が溜まりやすく、
    気温が上がるので気をつけましょう。

  • 屋内でも、湿気の多い場所!
  • 屋内だからといって油断は禁物です。
     
    湿気が多い場所では、発汗機能がうまく機能せず、
    体が熱を発散出来なくなります。



熱中症の子供


いかがですか?

炎天下の屋外でなくても、
熱中症になる可能性が十分にあることが分かりましたよね!


子供の熱中症を見抜くための初期症状は?

子供が熱中症になってしまった時に、もしも見抜けなかったら…

想像したくありませんが、熱中症は、
時間が経てば経つほど危険な状態になります!!

なので、お母さんのあなたが初期症状をしっかり覚えて
早期発見をして、子供を守ってあげてください。

子供の初期症状!

  • 部分的な症状
    • 顔が赤く火照っている
    • 唇が乾いている
    • こむら返り、足のしびれ

  • 全体的な症状
    • やたら、水分を飲みたがる
    • 大量の汗をかいている
    • おしっこが出ていない
    • 力が入らない
    • 気持ち悪い、嘔吐する
    • めまい、立ちくらみ




これらの症状は、体温が上がっていたり脱水症状を起こしているサインです。

そして、意外に見落としがちなのが、寝ている時

子供は大量に寝汗をかきます。

夏になると、子供が起きた後、寝てた場所がわかるほど
シーツが湿っていることありますよね(;´Д`)

気付かない間に、脱水症状を引き起こす場合があるので要注意です!


子供が熱中症になった時の対処法とは?

熱中症は、初期症状がみられたら、すぐに対処する事が大切
( 放っておくと、どんどん重症化しちゃいます(((゜Д゜;))))


主な対処法をご紹介します!

子供が熱中症になった時の対処法

  • 涼しい場所に連れていき、体を休める!
  • 風通しの良い日陰や、クーラーの効いた場所で横になりましょう。

  • 衣服をゆるめる!
  • 風や汗を通しにくい素材の場合は、着替えさせてあげましょう。

  • 脇の下・首のうしろ・足の付け根などの動脈を冷冷やす!
  • 氷や保冷剤がなくても、冷たい缶ジュースなどで代用できます。

  • 霧吹きで水を全身にかけて、気化熱によって体を冷やす!
  • 氷風呂などで急激に体温を下げるとk、低体温になる場合があります。

  • 水分・塩分の補給をする!
  • スポーツドリンクやイオン水を飲みましょう。
    塩分の補給にもなり、体内に吸収されやすいです。

    ただし、がぶ飲みはNG!
    一気に飲んでも、汗や尿になって体外に出てしまい体内に吸収されません。

    飲む時には、100mlぐらいずつで、こまめに飲むようにしましょう。



症状が落ち着いたら、病院を受診してください^^

そして、何よりもならないように予防することが大切!

予防についてはこちらに詳しくご紹介していますので、
良かったら参考にしてください→すぐに出来て効果がある予防法とは?


子供の熱中症

まとめ

熱中症は、自覚症状が出にくい病気です。

それに子供とっては、自分で症状をきちんと説明するのは、
かなり難しいと思います。

あなたがしっかりと、初期症状を見逃さないように
見てあげてくださいね(´∀`)

まだまだ、これからが夏本番です!

同じママとして、大切な子供たちを熱中症から守りましょうO(≧▽≦)O


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ