虫歯から子供を守る!健康な歯を維持する最高の方法とは?

『ついに、虫歯が・・・(゚д゚lll)』

子供が、幼稚園で受けた歯科検診での出来事でした。


私自身、虫歯が多くて苦労した方なので、
子供には、健康な歯でいてほしいと思いから、
子供の歯には、人一倍気を付けています。


それが、なんと検診で、

『虫歯になりかけです。』

と言う恐ろしい言葉を聞くことになるなんて・・・。


スポンサーリンク


こんなツライ思いは、もう二度としたくないので、
子供の歯を健康に保つ方法を調べまくりました!



そこで、今回は子供の歯の健康について、

  • 虫歯を防ぐにはどうするの?
  • 虫歯になりかけって、どう言うこと?
  • 一番良い予防方法とは?

などなど、子供の歯の健康についてご紹介します!

健康な歯を作るために、まずは、虫歯を防ぐには、
一体どうすれば良いのかを、見ていきましょう!


スポンサーリンク


虫歯にならない方法があるってホント?

『赤ちゃんの口の中には、もともと虫歯菌がありません。』

あなたも、この言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?


初めて聞いた人もいると思いますので、簡単に説明しますと、

生まれたての赤ちゃんには、虫歯菌がありません!

虫歯とは、健康な歯が虫歯菌に感染して起こる症状ですので、
もしも、虫歯菌に感染しなかったら、虫歯にはならないって事です!


子供の虫歯

子供が虫歯菌に感染するのは、親から子供への
キス・口移しでの食事・同じスプーンやお箸や食器を使うなどが、
原因として多いようです(;´д`)

この事を知っていたので、私夫婦で、食器などの共有にも気を付けて、
虫歯菌を寄せ付けないようにしていました。

それだけに、虫歯になりかけは非常にショック・・・。

ここで気を付けて欲しいポイント!

「虫歯になりかけ」だとしても、歯磨きだけで治ることはほとんどなく、
歯医者さんでの治療が必要になります。

ウチの子供も、歯医者さんに行きましたが、
『虫歯と呼ぶほどではない』って言いながら削ってくれました。


本人は全然痛くないようだったので、親としては安心しましたが・・・

『結局、虫歯かよΣ\( ̄ー ̄;)』

虫歯になりかけも、立派な虫歯なので、
酷くなる前に治療する事をおすすめします^^


今回調べてみてわかったのですが、
虫歯菌から子供を守るのは、ほぼ不可能に近い(;´д`)

じつは、お箸や口などが直接触れなくても、
フーフーしたご飯を食べさせただけでも、虫歯菌は感染します。

しかも、残念なことに、一度感染したら虫歯菌とは、
一生付き合うことになるようで、なくす方法はありませんΣ(゚д゚lll)


ただし、虫歯菌に感染したから、
必ず虫歯になるかというと、そうではありません。

むしろ、感染することを前提にして、虫歯予防をする方が、
親御さんの精神衛生的にも良いと思います!

では、子供の歯の健康を守る方法をみていきましょう!


子供の歯を健康に守る方法はあるのか?

それでは、先ほどの章でもお伝えしたように、
虫歯菌が感染する事を前提で話をすすめますね。

そう考えるとあなたも、少しは気が楽になったのではありませんか?

じつは私も、子供の歯の事には、かなり神経質になるくらい気を使ったので、
虫歯菌を防ぐのが無理って知ってからは、少しだけ気が楽になりましたε=( ̄。 ̄;)フゥ

では、さっそく子供の歯の健康に守る為のポイントをご紹介しますね!

  • 歯磨きを徹底する
  • 定期的に歯医者さんにいく

この2つが非常に大切です!

では、それぞれをみていきましょう!


歯磨きを徹底する

子供の歯を虫歯から守るのに、一番大切なのが歯磨きです!

基本中の基本ですね^^

虫歯菌が感染しても、正しい方法で、歯磨きをすれば虫歯にはなりにくいです。

そして、大切なのは親御さんが、
仕上げ磨きをしっかりすることです!

仕上げ磨きのやり方は、こちらの動画を見てください↓

この動画を見ながらだと、リズムに合わせて楽しみながら、
仕上げ磨きが出来るのでおすすめです^^

ちなみに、これでも嫌がる子供の対処法はこちら↓
歯磨きを嫌がる子供への対処法!この方法で楽しく習慣に!


子供が自分で歯磨きをするには、限界があります。

そこで、子供が出来ない場所などを、
親が代わりにキレイに仕上げ磨きをする事で、
虫歯のリスクはかなり減りますね!

ところで、仕上げ磨きですが、何歳まで親がやるのが良いと思いますか?

私も気になったので、歯医者さんに聞いたところ、


子供の歯が生え始めてから、大人の歯が生えそろう10~12歳ぐらいまでは、
仕上げ磨きはした方が良いそうです!

まぁ、赤ちゃんや小さい子供のうちは分かるのですが、
12歳と言えばそこそこ大きいですよね。


しかし、乳歯と永久歯がまじって生えている時が、
一番虫歯になりやすいそうです。

じつは乳歯と永久歯では、歯の高さなどが違うので、
磨き残しがでやすくなります。

そして、ひとりで磨く場合よりも、他人に磨いてもらうほうが、
歯は圧倒的にキレイに磨けます。

なので、永久歯が生えそろうまでは、仕上げ磨きをしましょう!
(子供がさせてくれるかが問題ですが(^_^;))



食後の3回ともの仕上げ磨きが大変な時は、
夜寝る前の歯磨きだけはするようにしてください。

その理由は、夜寝ているあいだは、
虫歯菌をやっつける唾液の量が減ります。

唾液の量が減る事で、虫歯になるリスクが高くなるので、
夜の歯磨きは特に丁寧にしましょう!

ここはポイント!

  • 最初は子供が自分で磨く
  • 仕上げ磨きは必ずする(特に夜)
  • 永久歯が生えそろうまで続ける


定期的に歯医者さんにいく

定期的に歯医者さんに行くことも、すごく大切です!

幼稚園や小学校の定期検査よりも、くわしく見てもらえるので、
虫歯などの早期発見につながります。

そして、早期治療をすることで、
あの恐ろしい歯の治療の痛みを、経験しなくてもすみます。

実際、うちの子供は、歯の治療で痛みを感じた事がないので、
いまだに、歯医者さんに行くことを怖がりません!


歯の治療

そして、定期的に行くもうひとつの理由は、フッ素塗布を受けることです。

子供の歯の表面は弱い為に、大人の歯よりも虫歯になりやすいです。

フッ素を塗ることで、歯の表面が安定して、
酸に溶けにくい丈夫で強い歯が作られます。

乳歯が生えてくる時や、永久歯と生え変わるの時は、
特に、フッ素塗布をした方が良いようです。

生えたばかりの歯は、フッ素を取り込みやすいと言われているので、
虫歯予防には最適ですね。

フッ素の効果は3~4ヶ月と、言われていますので、
うちの場合は、3ヶ月ごとに定期検診も兼ねて歯医者さんに行くようにしています。

ただし・・・


フッ素塗布は受診する歯科医院によって、金額が変わります。

無料の病院もあれば、2,000円くらいかかる病院もあります。

市町村ごとに行わる幼児の歯科検診でも、
費用はバラバラで、500~1,000円ぐらいでした。

費用が気になる時は、歯科医院に行く前に、
電話で確認してからの方が安心ですね。


ここはポイント!

  • 3ヶ月ごとに定期検診にいく
  • フッ素塗布をうけて強い歯をつくる
  • 早期治療で歯医者さんへの恐怖をなくす


まとめ

いかがでしたでしょうか。

子供には、健康な歯でいてほしいですね。



子供の歯が健康で虫歯にならない一番の方法は、
日頃の歯磨きと、定期的検診ですね。

ちなみに、

常に健康な歯の大切さを子供に教えて、
正しい歯磨きを習慣にすることが、最高の予防になります。

虫歯菌に負けずに、子供の歯の健康を守っていきましょう!




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ