赤ちゃんのしゃっくりの止め方!そもそも止める必要はあるの?

親戚に、元気な赤ちゃんが生れました!

いやぁ~、赤ちゃんって、
いつ見ても本当にカワイイですよね。


お祝いも兼ねて、赤ちゃんを見せてもらいに行った時の事ですが、
新米ママさんが困った顔をして、質問をしてきました。


『この子、すごくしゃっくりをするのだけど、簡単で安全な止め方を教えて~。』


そう言えば、うちの娘も赤ちゃんの頃は、よく、しゃっくりをしてました^^

それで、心配になって産科の先生や看護師さんに質問して、
色々と教えてもらったことを思い出しました!


もしかしたら、あなたも私と同じように、
しゃっくりの止め方がわからずに、心配しているんではないですか?

そこで今回は、赤ちゃんのしゃっくりの止め方で悩んでいる新米ママさんのために、
産科で聞いたしゃっくりの簡単な止め方をご紹介します!

と、その前に、まずは赤ちゃんのしゃっくりについて、
産科で教えてもらった意外な事実から、一緒にみていきましょう!


スポンサーリンク


赤ちゃんのしゃっくりは止める必要なし?

えっ?簡単な止め方の前に、いきなり必要なしって、どう言うこと??

と、思う人も多いでしょうけど、私も数年前に産科で全く同じことを思いました^^


どういう理由で、必要なしと言われるのでしょうか?

止める必要のない理由とは?


知っている人も多いですが、しゃくりの原因は、横隔膜の痙攣によるものです。

1歳未満の赤ちゃんの横隔膜はまだ未熟なので、
しゃっくりが起こりやすいそうです。

実は赤ちゃんのしゃっくりは、肺などの呼吸系の臓器を鍛える役割があるので、
無理に止める必要はありません!

そして、しゃくりが続くと、大人ならとても苦しいですが、
なんと、赤ちゃんは、しゃっくりをしても苦しくないとのことでした。

そう言われると、確かに、うちの子もしゃっくりをしながら、よく寝てました(^_^;)

ちなみに、赤ちゃんはお腹の中にいるときから、
呼吸の練習の為に、しゃっくりをしているのだそうですよ。



しゃっくりが出たら、
『これも成長過程で必要なこと!』って、
自然に止まるまで、優しく見守るといいですね^^


しゃっくりをする赤ちゃん


と言っても、しゃっくりをしている我が子を、
そのままにできないのが、母の愛( ´▽`)

その気持ち、良く分かりますよ!


いくら苦しくもツラくもないと言われても、
しゃっくりが続いている赤ちゃんを見ていると、
なんとかして止めたくなりますよね(;´Д`)

そこで、見守るだけなんてできない優しいあなたのために、
簡単に出来るしゃっくりの止め方をご紹介します。


スポンサーリンク


超簡単なしゃっくりの止め方はこれ!

赤ちゃんのしゃっくりを止める方法は、実はいくつもあります。

今回は、その中でも、実際に私が試して、
効果があった止め方だけを、ご紹介していきますね^^

効果があった止め方とは?

  • 母乳・ミルクを飲ませる
  • ゲップを出させる
  • おむつをかえる
  • 大笑い・大泣きさせる


それでは、順番にみていきましょう!



母乳・ミルクを飲ませる!

まずは、一番確実で、簡単なのが、母乳やミルクを飲ませるです。

この止め方は、産科の先生に教えてもらったのですが、見事に止まります。


うちの娘の場合は、これが一番効果がありました。
(実は私も我慢できずに止めてました(^_^;))


ある程度大きくなって、母乳やミルクを飲まなくなったときは、
ぬるめの白湯やお茶などを飲ませても止まります。


ゲップをさせる!

赤ちゃんが母乳や哺乳瓶からミルクを飲むときに、
空気を大量に吸い込んでいるのが原因で、しゃっくりが起こる場合があります。

また、ミルクや母乳の飲みすぎでも、しゃっくりがでることがあります。


ミルクを飲む赤ちゃん


そこで、ゲップを出すことで、しゃっくりが止まる事があります。

ゲップをさせるときは、たて抱きで背中を優しくたたくか、
さすってあげてくださいね。

ちなみに、ゲップがでなくても、
たて抱きで優しく背中をさするだけでも、止まることも多かったですよ^^


おむつをかえる!

実は、おむつをかえる止め方は、かなり有効な方法です!

赤ちゃんがおしっこをして、おむつが濡れて、
体が冷えるとしゃっくりが起ります。

なので、赤ちゃんがしゃっくりが始まったら、
おむつのチェックをしてください!

おむつが濡れたのが原因のしゃっくりなら、
おむつをかえると、すぐに止まりますよ^^


大笑い・大泣きさせる!

この方法は、当時調べている時に見つけた止め方なのですが・・・。

理屈は、しゃっくりは横隔膜の痙攣でおこるので、
大笑いか大泣きさせることで、横隔膜を刺激して、
しゃっくりが止まるそうです。

ちなみに、この方法は危険なニオイがしたので、
すいません、私は試してません((((;゚Д゚))))

まぁ、驚かすよりは効果があるとは思いますが・・・。

あまり、おすすめ出来ませんね(笑)


まとめ

いかがでしたでしょうか。

基本的には、苦しくなく、呼吸の練習になるので、
気にしたり、心配する必要はないですね!

うちの子も成長していくにつれ、
しゃっくりをする回数は激減しましたよ^^

6歳になってからは、月に1、2回する程度なので、本当に心配いりません。


ちなみに、ちょっと豆知識ですが、

普通の食事を食べれるようになった子供が、
しゃっくりが出たときは、スプーン一杯の砂糖を口に入れてください。

たったこれだけで、あっという間にしゃっくりが止まりますよ^^

この止め方は、大人にも効果的なので、
あなたがしゃっくり出たときに、は試してくださいね。



頑張っているあなたに、豆知識のプレゼントでした^^

子育て大変ですが、楽しみながら頑張ってくださいね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ