子供と一緒に結婚式!ご祝儀の相場は夫婦だけとは違うの?

「子供を連れての結婚式・・・ご祝儀は?」
なんて、あなたも悩んでいませんか?

親戚が、この前、結婚式をあげました。
(おめでとうございます(´∀`ノノパチパチ)

その結婚式に、私たち夫婦と子供も一緒に招待してくれたんです。

しかも、子供は花束を渡す大役までいただき、
ワクワクドキドキでしたが、ある疑問がわいてきました。

その疑問とは、そうです。
ご祝儀をいくら包むかです!

一人で行くときと、夫婦で行くときとでは、
当然、ご祝儀の金額が変わるはずです。

しかも、子供までとなると・・・。


スポンサーリンク



そこで、気になったのでご祝儀の相場を調べた結果、
ある重大の事に気がつきました(;゚Д゚)!

その重大な事とは、立場や相手との関係、そして年齢でも、
相場にかなりの違いが出るという事!

これを、知らないと大恥をかくどころか、
相手に対して失礼になることもあります((((;゚Д゚))))

そこで今回は、結婚式のご祝儀の相場と、夫婦で参加する時に喜んで貰える金額について、
詳しくご紹介しますので、さっそくみていきましょう!


スポンサーリンク


結婚式のご祝儀の相場はいくら?

さきほど、少しふれましたが、結婚式のご祝儀の相場は、
相手との関係などで、金額が変わってきます。

まずは、一般的な相場をまとめました。

結婚式のご祝儀の相場一覧表

新郎・新譜との関係 ~20代 30代 40代~
兄弟 5万円 5万円 5~10万円
友人 2~3万円 3万円 3万円
いとこ 2~3万円 3~5万円 5~10万円
会社の同僚・部下 2~3万円 3万円 3万円
会社の上司 3万円 3~5万円 5万円~

ここで、注意して欲しいことは、これらは全て、
ひとりで出席したときの相場であると言うことです。

ひとりで出席するときでも、関係や年齢によって、
こんなにも差があるなんて・・・Σ(゚д゚lll)

という事は、夫婦で出席したときや子供と一緒に出席すると、
当然、ご祝儀の金額は変わりますね。

それでは、まずは夫婦で出席するときは、
どうすれば良いのかを、つぎにみていきましょう!


夫婦で出席するときのご祝儀の計算方法とは?

では、夫婦や子供で出席するときのご祝儀は、
どのようにすれば用意すれば、マナー違反にならずに、
相手に喜んで貰えるのでしょうか?

単純に考えると、人数×相場なのか?
それとも、ひとり分の金額でいいのでしょうか?

その答えは、ご祝儀の内訳を考えてみれば明らかになります!

じつは、意外に知られていないのですが、ご祝儀には内訳がきっちりとあり、
お祝いの気持ちだけではなかったのです。

その内訳は、

『食事代+引き出物代+お祝い』

です。

この事を知らずに、ご祝儀の金額を決めてしまうと、
相手に、嫌な気持ちにさせてしまうこともあります。


悩む母親


実は、もらったご祝儀が相場より少なくて、
悩んでいる新郎・新婦さんが結構多いんです。

中には、『少ないのはマナー違反!』って怒っている人もいますが・・・
(個人的には、気持ちが大切で、金額は関係ないかと思います(^_^;))

しかし、それよりも、

『もしかして、嫌われてる?』

『金銭的に苦しいときに、招待して無理させたかも・・・。』

などと、心配している人が多かったですね。

そう言う意味でも、やはり相場は大切です。


そして、夫婦で出席するときは、

『ひとり分の金額の倍よりもちょっと少なめ』

が、相場になっています。


このちょっと少なめがポイントで、
引き出物は家族に一つだけの為、その分すくなくするようです。


では、30代の夫婦が親戚の結婚式に出席するときのご祝儀は、
一体いくらになるのか一緒に考えてみましょう!

ひとり3万円×2人で6万円になりますので、
そこからちょっと減らした金額5万円が相場になります。

ちなみに、子供も一緒に参加するときは、
ひとりに付き、5,000円~1万円が相場です。


ただし、ここで、もうひとつの問題が出てきます。

それが、ご祝儀のマナーについてです。
ご祝儀には、相場以外にもマナーが存在します。

では、相場以外のご祝儀のマナーとは、
一体どう言うものなのか、引き続き一緒にみていきましょう!



喜んでもらえるご祝儀のマナーとは?

なかなか喜んでもらえるご祝儀を、決めるのも大変ですね(^_^;)

まぁ、新郎新婦に喜んでもらうために、もう少し頑張りましょう!

じつは、結婚式のご祝儀には、
使ったらタブーとされている数字があります。

それは、2で割り切れる数字です。

割り切れる数字は、「別れる」を連想するので、
お祝いにはふさわしくないと言われてます。

ただし、8は末広がりで縁起がよいので、
結婚式のご祝儀として渡しても、マナー違反になりせん。

そして、10万以上なら偶数でも、マナー違反にはならないので、
2万円、4万円、6万円は、お祝いとしては避けたい金額ですね!

ちなみに、どうしても2万円をご祝儀として包む時は、
1万円札を1枚と、5千円札を2枚で、奇数にするとマナー違反になりません。



なるほど、金額にもマナーがあるのか~((((;゚Д゚))))

では、このマナーも視野にいれて、再び相場を考えてみましょう。

さきほどの、30代の夫婦の場合は、5万円で奇数なので大丈夫ですね。

これが、40代の夫婦の場合だと、ひとり5万円×2人なので、
10万円からちょっと減らすと、9万円になります。

9は奇数ですが、苦しむを連想させるので、じつはNGなのです。

そこで、この場合は末広がりの8万円が、ご祝儀の金額としてふさわしい(*゚▽゚*)


子供と結婚式


そして、子供も一緒に招待されたときは、ひとり1万円が相場ですが、
そうなると、6万円(30代)や9万円(40代)になってしまいますね。

そんな時は、子供が3歳までや、食事がいらないときは、
夫婦二人分のご祝儀+1万円程度の品物をプレゼントしてはいかがでしたでしょうか。

品物をプレゼントすることで、相手にも気持ちが伝わりますし、
嫌な気持ちにはなりません。

3歳以上でガッツリ食事を用意してくれている時は、30代なら7万円、40代なら10万円が、
失礼にも当たらずに、喜んでもらえるご祝儀になりますね。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

私は、今回の親戚のご祝儀には、
8万円に1万円のプレゼントを一緒に渡しましたが、
めちゃくちゃ喜んでもらえました^^

二人の門出が幸せに包まれるように、
心配をかけずに喜んでもらえるご祝儀にしてくださいね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ