夜泣きを放置したらどうなる?眠れる夜を取り戻すための対処法!

子供を持つ親が一度は苦しむのが、赤ちゃんの「夜泣き」

親なら誰しもが頭では分かっていて、
仕方ないと感じている、赤ちゃんが夜に泣くという現象です。


けれども実際に目の当たりにすると、

「本当にどうしたらいいのか!」

「誰か、何とかして~!」

と、今まさに途方に暮れているお母さんも、
多いのではないでしょうか?


今回はそんな夜泣きについて、
どうすれば赤ちゃんも親も苦しまずに済むの?そんな方法があるのか?
を、我が家の経験を交えて、ご紹介します!

それでは、どうすればいいのかの前に、
夜泣きとは何かについて、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


夜泣きってなに?なんで泣いてるの?

実は、赤ちゃんの「夜泣き」について、
医学的に明確な定義はないそうですΣ(゚д゚lll)

お腹も空いていない、部屋の温度も快適、特に理由が見当たらない・・・
なのに、突然夜中に号泣する!!
それが「夜泣き」と一般に言われています。


そして、日中の栄養の摂り方など、個人差もありますが、
大体生後6か月を過ぎるころには、夜中の授乳は必要なくなってきます。

つまり、夜の授乳のペースを落としていき、
本来なら、夜の時間帯とおして寝られるような月齢に入っているはずなのに、

  • 不快と思われる原因を取り除いても泣き止まない
  • 一度おさまったと思っても、何度も何度も泣く

などが、ここでいう「夜泣き」ということになります。


スポンサーリンク


夜泣きの原因は?どう対処するのが正しい?

我が家のお話ですが、夜中の授乳はいつも「添い乳」


しかし6か月頃から、夜、泣き出して、あぁお腹すいたのね!と授乳しても、

・・・全然飲んでないじゃん!じゃあ泣くなよ!(←酷い)

というようなことが、多くなりました(;´д`)


「もしや、これが夜泣きってやつ!?」

と困り果てていた時に、ある雑誌で、
次のような説明を目にしました。

睡眠サイクルが確立しておらず、不安定な時期に、
寝入った時と夜中ふと目覚めた時の環境が、
まったく違うことに戸惑いを感じて泣く=「夜泣き」



実は、うちでは、
最初の寝かしつけも、夜中の授乳も、
いつも娘はおっぱいをくわえたまま、入眠していました。


で、夜中ふと目覚めた娘が、

「くわえていた、確かにくわえていたはずのに、なーーーーーーーーい!!」

と泣く。


あ~、夜泣きの原因は絶対これだ
と私は確信できました。


気付いた女性

同じようなケースとして、

  • 抱っこで寝かしつけ
  • 子供が寝入るまで添い寝

など、普通のお母さんが普通にしている習慣も、
赤ちゃんにとっては、
「寝入った時と目覚めた時の環境が違う!」という状況を作り出している可能性がある、
という事になりますね。



夜泣きは放置してもいい?自分で眠るトレーニングを!

もしも、夜泣きを放置したらどうなるのか?


「放置」というと、聞こえが悪すぎますが、

新生児でもないのに1時間に1回、ひどい時は2回
もう、ほとんど寝ていないのでは?と心配になるほど泣き、
朝方には、涙と鼻水で顔をくしゃくしゃにし、布団がカピカピになっている・・・

そんな生活が、子供にとっても(もちろん親にとっても)いいはずがない!



そう考えて起こした行動、
それが「放置」だったのです。


まず、前章で書いた仮説を信じることにし、
「寝入るとき」「夜中ふと目覚めてしまったとき」の環境が、
違わないようにする必要がありました。

つまり、寝かしつけマストアイテムだった「添い乳」を卒業。


じゃあどうやって寝かせるのか?

いろいろな方法がありますが、
我が家は次のようにしました!

  1. 寝る前に、できるだけ暗くした部屋で一緒にごろごろ
  2. 30分ほどごろごろしたら、「おやすみ」と声掛けし、ベビーベッドにイン!
  3. そして部屋を出る

・・・するとどうなるか。

めちゃめちゃ泣きます。
この世の終わりというぐらい泣きます。゚(゚´Д`゚)゚。


ここがポイント!


赤ちゃんが泣き続ける場合、まず1分後に部屋に戻って、
声をかけたり、なでたりして、あまり長く傍にいないようにして離れます

まだ泣く場合は、↑を繰り返し
赤ちゃんのそばに行くまでの間隔を、だんだん長くしていきます。

ここで重要なのは、
子供に、「自分の力で寝る」ことを覚えさせるということ。

夜中起きてしまったときにも、「よし、異常なし」と思って、
「自分の力で眠りに戻れる」ようにすることですね。




なので、夜中に泣き出しても、
心を鬼にして、抱き上げたい気持ちをぐっとこらえ、
ひたすらに「放置」します。


訴えたいことがあって泣いているわけではない場合、
抱き上げてあやすことで、完全に覚醒してしまい、
もう一度眠りにつくのが難しくなってしまう、
という一面もありましたよ。


人によっては、放置するなんて罪悪感・・・

放置って、簡単じゃん、手抜きでは?と思われるかもしれませんが、
声を大にして言える。


そんなことはない!!


子供の泣く声を聞いて、
それをなんとかしなくてはと思うのは、親の本能です。


泣いている赤ちゃん


それをあえて我慢するのは、並大抵のことではありません。


我が家も、私が何度も挫折しかけ、最終的には夫にも協力を仰ぎ、
私が抱き上げに行きそうになるのを、幾度となく止めてもらいました(笑)


ちなみに、この苦行がどういう結末を迎えたかと言いますと、

1週間後、泣かずに眠れるようになり、
2週間後、夜中起きずに、通して眠れるようになりました!

泣く=抱き上げてあやすもの
という新生児のころからの常識が、
「夜泣き」に関してだけは、あてはまらない場合もある、
ということがお分かりいただけたでしょうか。


どんな方法をとるにしても、
赤ちゃんも親も、夜ちゃんと眠り、朝シャッキと起きる!

そして、日中ストレスなく親子が向かい合えるのが、
理想ですよね^^


慣れるまでは、大変ですが、
親子の幸せの為、歯を食いしばって頑張ってください!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ