断乳の方法!私はこの進め方で成功しました!

離乳食が進むにつれ、気になるのは断乳の進め方です。


母親としては、毎日が初めての経験の連続ですが、
断乳も、壁にぶつかりやすい難関のひとつですね(;´д`)

一言で断乳といっても、人それぞれの生活環境があるので、
どのような方法がいいのか?

私の場合も、育児本を読んだのですが、
イマイチ、分かりませんでした・・・。

しかし、実際にやってみると意外にできるもの(笑)

実践して私が感じた事は、

「しっかりとポイントをおさえれば、怖くありません!」


という訳で、今回は断乳方法についてスムーズな進め方を、
実体験からまとめました!


そして、今回のポイントをまとめると、

  1. 断乳の時期
  2. 断乳の進め方
  3. 断乳の方法

これを明確にすることで、
スムーズに断乳を進めれますよ。

では、それぞれの内容を、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク


断乳の時期はいつ?

一般的に10ヶ月ころから、
離乳食が一日に2回~3回へと増えていきます。

そのうえ、1歳くらいになってからは、歯が生えだします。


このタイミングになると、

「そろそろ断乳?」

と、思うママが多いのではないでしょうか?


じつは、断乳に決まった時期はなく、
あなたが断乳と思った時が、
スタートするのに、良いタイミングになります。

実際に、断乳するのはあなた自身です。

なので、あなたが始めようと思った時に、
はじめるのが一番ベストですね^^


ただ、それでは、分かりにくいと思いますので、
一般的な目安としては、

  • 離乳食が3回になった時
  • 歯が生えはじめた時

を意識するといいですよ^^


離乳食を食べる赤ちゃん

断乳の進め方とは?

断乳を始めよう!と決めたときには、
どんな流れで進めればよいのでしょうか。

断乳までの流れをご紹介しますね^^

断乳の進め方!

  1. 断乳の開始日を決めます!
  2. 断乳予定日の1週間くらい前から、準備をはじめます。
  3. 準備といっても、子供に授乳のたびに、

    「○○日で、母乳やめようね~」

    などの声掛けだけで十分です。

    子供もなんとなく意味がわかる程度ですが、
    言葉にすることで、伝わる事があります。

  4. 1週間の日々の流れ
  5. 朝は7時くらい起床し、夜は出来るだけ時間を決めて就寝。

    1日のリズムを作り、離乳食を1日3回が自然になるようにしましょう。

    この1週間は、夜間の授乳は、いつも通りで、大丈夫です。

    出来るだけお昼にしっかり遊び、昼寝を少なくして、
    夜にちゃんと寝るというペースが作れると良いですね^^

  6. 断乳予定 当日
  7. この日も朝7時くらいにおきます。

    朝食は、しっかり食べさせてください。
    そして、朝食の2時間後くらいに、最後の授乳をします。

    その時に、
    「これでバイバイだからね。」
    と声かけをしましょう。

  8. お昼間の過ごし方!
  9. どうしてもおっぱいが欲しいと
    泣いてしまうかもしれません。

    しかし、ここはふんばって、いっぱい遊んで、
    疲れさせて、夜の熟睡をするようにしましょう!

    離乳食は、しっかりと食べさせて、
    のどが渇いているなら、お茶などを飲ませてくださいね。

  10. 夕方から夜の過ごし方!
  11. 夜も、ご飯をしっかりと食べさせてください。

    ただ、嫌がるようなら、
    あまり無理に食べさせる必要はありませんよ^^

    ちなみに、断乳すると胸が張るので、
    お風呂にはつからず、シャワーだけがおすすめです。

  12. 就寝
  13. そして、一番つらいのが、就寝の時間です。

    授乳しないと寝れない赤ちゃんが、ほとんどだと思います。

    あまりに泣くのと、何とか寝かせてあげたくて、
    ここで、断念するママさんが非常に多いです。
    (ちなみに、私もここで一度断念しました(;´д`))

    ここは、ぐっと我慢をして、
    がんばって寝かしつけをさせましょう。




とにかく、最初はめちゃくちゃ泣きます

あまりの泣きっぷりに、私も思わずもらい泣きした程です(笑)


泣く赤ちゃん


しかし、この生活を、1週間続けてください

すると、いつの間にか子供も平気になります。


私の場合は、3日後くらいから、あまり欲しがらなくなり、
5日後には、夜もすんなり寝てくれるようになりました^^

泣き顔をみるとつらいものがありますが、
1週間の我慢です!

頑張ってくださいね!


スポンサーリンク


断乳の方法とは?

先ほどは流れを紹介しましたが、
では、一体どうすれば良いのでしょうか?

断乳に関して、役立つ方法や注意点をご紹介しますね!

胸に絵をかく

どうしても、母乳を欲しがったときに、
胸に絵を描きます。

これは、助産師さんに教えてもらったオススメの方法で、
かなり、効果がありましたよ!


「絵をかくって???」


これだけ聞くと、どういうことってなりますよね(笑)

じつは、絵はなんでも構いません。

よく言われるのが、へのへのもへじですが、
かけるのなら、キティちゃんでも、ドラえもんでも、
鬼の顔でも良いですよ^^


胸にへのへのもへじ


ちなみに、私は3回目にして、無事に成功しました^^
好きな絵を胸全体にかいて、子供が見たときに、

「あれ?いつもと違うぞ~。」

って、思ってくれれば成功です。

いつもと違う胸を見て、いよいよお別れだと感じるのか、
すんなり諦めましたよ。


1週間前からの準備は大切

子供にとっては、突然、授乳がなくなったら、
なかなか納得できないものです。


言葉でしっかりと、

「バイバイするんだよ!」「もうナイナイだよ。」

と伝えておきましょう。


そうする事で、理解してくれる子供も多いです。


完了したらほめる

はじめは、たくさん泣いてしまいますが、
頑張って乗り越えたら、いっぱいホメてあげましょう!


子供は、あなたにホメられるのを待ってますよ^^


健康状態

断乳は、母子共に、体力をつかいます(;´д`)

あなたと、赤ちゃんの体調が良い時に、
始めるようにすると、よりスムーズに進みます。


母のケア

どうしても、断乳をすると胸がはります。

あなた自身のケアも、忘れずにしてください。

婦人科によっては、授乳の相談を聞いてくれる病院もあるので、
断乳後のケアも聞いておくのもひとつの方法です。


まとめ

いかがでしたか?


断乳の方法は、しっかりと段階を踏んで行けば、
意外にすんなりいけるものです。

ちなみに、私は3回目にして、無事に成功しました^^

しかし、失敗したからといって、イライラせずに、
無理なく進めてくださいね^^

親子で力を合わせて、乗り越えましょう!!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ