母乳が赤ちゃんの免疫を高めるってホント?効果はいつまでなの?

「母乳が赤ちゃんにとっていいもの!」


最近、よく言われるようになり、

「離乳食を始めるまで、母乳以外のものを与えないように!」

と、指導する産婦人科が、増えてきました。

良い理由のひとつとして挙げられているのが、
「母乳が、赤ちゃんの免疫力を高めるから」というもの。

その一方で、生後半年経つと、
お母さんからもらった免疫は失われる・・・
などと聞くことも(;゚Д゚)!


そこで今回は、

  • 母乳が、赤ちゃんの免疫を高めるというのは、本当?
  • だとしたら、効果はいつまで?
  • 母乳をあげている間は、風邪をひかない?
  • 半年を過ぎたら、母乳に意味はないの?

などなど。


母乳で、赤ちゃんを育てている、あなたに知ってもらいたい!

「母乳と赤ちゃんの免疫に関するホントのところ」をご紹介します。


この記事さえ読めば、母乳の真実が分かりますよ~!!

では、早速見ていきましょう!


スポンサーリンク


赤ちゃんを感染症から守る免疫は、大きく分けて2つある!

お母さんからもらった免疫・・・という言い方をする時、
その「免疫」には、2つの種類があることをご存知でしたか?

免疫の種類!


  • 「分泌型IgA」(免疫グロブリンA)

    母乳に含まれる免疫。
    消化管の病気に対して、威力を発揮する

  • 「IgG」(免疫グロブリンG)

    胎盤を通して、赤ちゃんに移行する免疫。
    麻疹・風疹・水疱瘡といったウイルス感染症に、威力を発揮する



生後半年で、ほぼなくなると言われているのは、
お母さんのお腹の中にいた時、胎盤を通してもらった「IgG」のほう。

なぜ、赤ちゃんが1歳になるまでの間に、
予防接種で、たくさんのワクチンを打つのか?

それには、お母さんからもらった「IgG」による免疫力が、
低下してきてしまうから、という理由があったんですね!

では、母乳に含まれる「IgA」の方は、どうなんでしょう?


スポンサーリンク


母乳さえ飲んでいれば風邪をひかない?

母乳に含まれる「IgA」は、
特に、初乳にたくさん含まれていることが、分かっています。


分娩台の上で、生まれたばかりの赤ちゃんをだっこしたり、
そのまますぐ授乳する「カンガルーケア」を、
取り入れる産院が増えています。

それには、「母子のふれあい」以外に、
「初乳を飲ませるため」という目的もあるようです。

なぜ、初乳が大切かというと・・・

生まれたばかりの赤ちゃんの消化管に、
IgAたっぷりの初乳が通ることで、
粘膜に免疫物質が塗られます

免疫物質を吸収することで、
それ以降の、感染症予防効果が、期待できるからです。



一説によると、
初乳100ccの中に、2~4gも含まれていたIgAが、
出産4日後には、約10分の1にまで減ってしまうというから、
初乳の重要性が、分かりますよね。


ひらめいた女性


ところで、母乳に含まれるIgAは、初乳をピークに減ってはいくものの、
完全になくなってしまうわけではありません。


なので、

「半年を過ぎたら母乳を飲ませる意味がない」

というのは間違い!


私も、親戚から、

「ミルクのほうが栄養があるから、切り替えるべき」

なんて言われたことがありますが、
半年後の母乳に価値がないのかといえば、そんなことはないんですね!


母乳に含まれるIgAの濃度は、下がっていくものの、
赤ちゃんが飲む量が、多くなっていくので、
結局、赤ちゃんが取り込めるIgAの量は変わらない!
とする説もあります。。。

ただし、一般的によく言われる、

「母乳さえ与えていれば風邪をひかない!」

と、いうことはありませんね(^_^;)


胎盤から赤ちゃんに移行する免疫も、母乳に含まれる免疫も、
あくまでお母さんが持っている免疫



お母さんが持っていない免疫は、
赤ちゃんにあげることができません((((;゚Д゚))))
[
そのため、
お母さんが太刀打ちできない(抗体を持っていない)ウイルスに対しては、
赤ちゃんに免疫が移行しないので、ミルクを飲んで育った赤ちゃん同様、
感染するリスクがあります。


「母乳だけで育てていたのになんで!?」

などと、慌てないために、ここは押さえておきたいポイントですね!


まとめ

免疫のことを考えたら、母乳はいつまで続けるべき?


離乳食も進んできたし、
周りのお友達は卒乳する子もでてきた・・・

けど、今母乳をやめたら、
免疫がなくなって病気になってしまうのでは?


そんなふうに心配している、お母さんもいるかもしれません。


母乳で悩む母親


母乳に含まれる免疫は減っていきますが、
一方で、赤ちゃんはだんだんと自分の体内で、
免疫を作れるようになっていきます!

また、いろいろな病気にかかりながら、
自分の抗体を、獲得していくものです。

もちろん、状況が許すなら、
子供が、自然とほしがらなくなるまで、
授乳を続ければいいと思います^^


ですが、もしあなたが、「卒乳は今がチャンス!」

と思っているのなら、免疫についての心配を一度取り払い、
卒乳した場合のメリット・デメリットを総合的に考えて、
決めることをおすすめしますよ♪

母乳育児のメリット・デメリットは、こちらに詳しく書いてます。
母乳育児のメリットはよく聞くが・・・デメリットってあるの?


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ