妊娠後期の心配・・・夜に腹痛があったら陣痛?それとも?

妊娠28週(8か月)に入ると、
いよいよお腹もはちきれんばかりになり、出産間近
といった感じですね^^


こうなってくると心配なのが、
いつ出産が始まるか・・・ということ!((*゚д゚*))


スポンサーリンク



特に、夜にちょっとした腹痛を感じると、

「え?もしや陣痛?まじでまじで?」

と、前のめりになってしまうかもしれません。←私がそうでした(笑)


けれど、ちょっと待って!

妊娠後期に感じる腹痛には、
問題ないもの~心配なもの~重大な病気のサインまで、
あらゆる原因が隠れています。

今回は、これから出産を迎える妊婦さんに読んでほしい、
妊娠後期の腹痛に関する情報をまとめてみました。



知っておけば、慌てず、油断せず、
出産の日を、無事に迎えられるはずですよ^^♪


妊娠後期の腹痛


妊娠後期の腹痛!どんな原因が考えられる?

妊娠後期に起きる腹痛には、
下記のような原因が考えられます。


【正常、心配ない痛み】

  • お腹の張りからくる痛み

    後期になると、少し歩いただけでお腹が張ったり、
    内診の刺激で痛くなったりします。
  • 陣痛

    妊娠37週を超えていれば、心配いらないお産のサインです。
  • 前駆陣痛

    陣痛「のような」痛みで、寝ている間に治まったり、時間がたつと消えます。



【ちょっと心配な痛み】

  • 切迫早産

    まだ37週(正期産)に入っていないのに、
    規則的・継続的に痛むようであれば、病院へ連絡を!



【重大な病気の可能性がある痛み】

  • 常位胎盤早期剥離

    赤ちゃんが子宮から出る前に、胎盤が子宮の壁からはがれてしまう病気で、
    多くの場合出血を伴いますが、突然強い痛みがくるケースもあります。
  • 子宮破裂

    妊娠中に、過去の帝王切開の傷が開くなどして子宮が破裂する病気で、
    多くは分娩中に起こりますが、妊娠後期に突然発症することも。

    出血や腹痛、顔面蒼白を伴います。



どうでしょう?

妊娠後期に感じる腹痛の大部分は、
陣痛か前駆陣痛であることが、多いのですが、
他にも、いろいろな原因がありますね!

では、次に、腹痛になった時でも、
慌てないように、セルフチェックについて、ご紹介します!


スポンサーリンク


病院へ連絡する前のセルフチェックポイント

腹痛には心配なものもありますが、

「お腹が痛い!→病院に行かなきゃ!」

と、慌てる必要はありません。


下記のいずれかにあてはまるようであれば、
まず病院へ連絡をしましょう!

助産師さんや、看護師さんの指示を仰いでみてください。

セルフチェック表


  • 痛みの間隔が、だんだん縮まっている。
    または、強さが、だんだんつよくなっている
  • 強さの変わらない痛みが、1時間以上続いている
  • 出血している
  • 破水している
  • 胎動を感じない



特に、夜お腹が痛みだすと、

「もう診療時間外だしな」「朝まで我慢して、だめだったら行こう」

などと考えてしまいがちですが、
重大なトラブルが原因だった場合、それでは手遅れになる可能性が。


産婦人科は、ありがたいことに24時間
誰かが電話に出てくれます。


ちなみに、私も、出産予定日近くなって、陣痛・・・・・・かな・・・?
という弱い痛みがあり、夜中に、病院へ電話したことがあります。

  • 痛みの強さ、感じ方は?
  • 何時頃から、何分間隔で痛むか?
  • 家から病院まで、何で来るのか?
    何分ぐらいで来られるか?

などを聞かれたので、車で30分以上かかることを伝えると、
「念のために来てください」と言ってもらえました。

結局、その時は「心配ない腹痛」だったのですが、
もちろん、迷惑がられたりしませんでしたよ^^


とりあえず様子見・・・どんなふうに過ごせばいい?

お腹の痛みはあるけれど、

  • 病院で検査して心配ないと言われた
  • 旦那が帰ってきてから病院に行きたい

など、「ちょっと様子見」という判断をする場合もありますよね。


そんな時、どんなふうに過ごせばいいでしょうか?


まずは、とにかく安静にすること


横になるのがいちばんですが、
難しければ座っているだけでも、大丈夫です。


体調が急変した時に、気付きやすいですし、
動き回ったことで張っているのなら、痛みが治まってくるはずです。

そして余裕があれば、痛みの記録を取っておいてください。

何分間隔で、1回の痛みの長さは何分・・・とか、
何時頃からずっと痛い、波のように痛い、ズキズキ痛いなど、
あとで病院へ行ったとき、自分の状態を伝えるのに必要になりますよ!


腹痛の回数をメモ


そうする事で、治療や対応もスムーズになりますよ~!


まとめ

陣痛と言うと、テレビや友達から聞いたイメージで、

「ものすごく痛くて、のたうちまわって、
 耐えられなくて、泣いちゃうぐらい痛い」 

のを想像しますよね・・・(まあ、最終的にはそうなんですが^^;)


なので、

「これぐらいなら耐えられる!」

などとギリギリまで我慢して、
実は子宮口が全開で、あやうく車中分娩になるところだった!

という友達、周りにたくさんいます。


陣痛も、始まりは弱い痛みから、だんだん強くなっていくもの。

ちょっとでも「あれ?」と思ったら、
夜中でも早朝でも、遠慮せず病院へ電話しましょう!

元気な赤ちゃんを産んでくださいね!


スポンサーリンク




Facebookページで更新情報をお届け♪



コメントを残す

このページの先頭へ